ローカルナビゲーション

課題解決 トップ

構築・ノウハウ

情報系システムの設計は、まさしく企業内の情報流通の設計そのものであり、複雑な要求・要件が絡み合う難作業です。 しかし、それだけに成功したときの社内の変化も全社的に影響力を及ぼす大きなものとなります。

サイボウズでは、10年以上にわたる実績から技術的な構築テクニックのみならず、運用や情報活用のノウハウを有しており、日ごろのご提案、商談はも とより、講習会などを通して「サイボウズ オフィシャルセールスパートナー」とともに、お客様の企業の課題解決のお手伝いをいたします。

サイボウズ オフィシャル セールス パートナー 一覧

どのようなシステムの導入でも、手順は大きくは変わりません。情報系のシステムにおいても、まずは経営幹部や現場が抱える要求を受け止めて整理し要件に落とし込むところから始まります。

「見える化」「コミュニケーション」「国際化対応」など、目的はひとつでも、その実装方法は多岐に渡ります。

ガルーンシリーズは、製品、アプリケーションの組み合わせと、強力な管理機能で日常使うには十分なカスタマイズがWeb画面から行える変容性を有していますが、個別の企業に特有な要求を実現するためにそれを超える外部との接続方法も多数用意しています。

企業として、組織として最も実現したい情報流通への要求で、長期的に変更の可能性が少なく、かつ重要なものをシステム連携などの大きな要件として考え、そして重要性の大きくないものについては、ポートレット連携や通知連携など、軽いレベルの連携ですませましょう。

そして、頻繁に変わる組織、運用などは、Web画面から自由にカスタマイズ可能なガルーンシリーズ内の豊富な機能を活用すると、後々の変化への対応が低コストで収まるようになります。

そして、外部システムとガルーンシリーズの役割分担ができたら、次はハードの検討に入り、動作環境の確認やサイジングを経て、ハードの仕様が固まります。