制限事項

「サイボウズ メールワイズ 4」の制限事項です。予めご了承の上、導入いただきますようお願い申し上げます。

登録データ数について

「サイボウズ メールワイズ 4」は、以下の登録数以内で運用してください。

メール送受信数 100,000件
(いずれかのメールアプリケーションの受信メールと送信メール数の合計値)
顧客データ数 100,000件
(会社データ数と個人データ数の合計値)
電話履歴数 100,000件
訪問履歴数 100,000件
テンプレート 1,000件

※データ数の上限を越えても、データの登録は可能です。
検索や一覧表示で処理速度が遅くなってくることが予想されます。

上限を越えたデータは、データ退避機能を利用して保存することができます。
退避データ内でのメール・履歴の閲覧、検索などの操作が可能です

メールシステムについて

  • メールサーバーに大量のメールが貯まった状態で運用すると、メールの送受信に時間がかかるようになります。
    受信済みのメールはメールサーバーに残さないようにして、運用してください。

    ※「受信メールサーバーにメールを残す」設定は、試用中に動作を試す場合にご利用いただく機能です。
    「受信メールサーバーにメールを残す」設定で「サイボウズ メールワイズ」をご利用いただいている場合、メールサーバーに大量のメールデータが蓄積され、サーバーに負荷がかかります。

    メール受信が正常に行われないなど、トラブルの原因になります。そのため、本運用を行う際には、「メールサーバーにメールを残す」設定は解除してご利用いただくことを、お願いしております。

    代わりに、メールサーバ側でエイリアスの設定を行うことで、同メールを別のメーラーでも受信できるようになります。
    メールサーバーのエイリアスの設定については、以下のページでも記載しています。ご確認ください。

    データをバックアップする

    →補足欄ををご覧ください。

  • メール一覧の表示件数が多い場合、使用環境によっては動作速度が低下するおそれがあります。
    環境に合わせてメール一覧の表示件数を設定するようにしてください。
  • UIDLコマンドに対応していないPOP3メールサーバーではご利用いただけません。
  • uuencode方式でエンコードされた添付ファイルを閲覧することができません。
  • Shift JIS と 日本語で入力されたUnicode(UTF-8)以外のメールは文字化けして表示され、閲覧することができません。
  • 画像がインラインで挿入されているHTMLメールを正常に閲覧することができません。
  • 「サイボウズ メールワイズ」が認識するメール日付形式は以下の通りです。

    ※これ以外の形式のメールは日時の表示が正しくなりません。

    [day, ] date mon year hour:min:sec [ ("+"/"-")HH:MM]
    [day, ] date mon year hour:min:sec [zone]
    例:
    Date: Tue, 28 Jan 2003 14:12:41 +0900
    Date: Tue, 28 Jan 2003 14:12:41 JST
    Date: 28 Jan 2003 14:12:41 +0900

一斉配信について

  • 一度に送信できる配信メール数は 1,000件までです。
  • 大量のメールを配信する時は、「サイボウズ メールワイズ」を他のユーザーが使用していない時に行うようにしてください。

    ※配信処理中に他ユーザーがアクセスすると、エラーが発生しアクセスできなくなる頻度が高くなります。

ファイル入出力について

  • ファイル入力は、10,000件程度に分けて読み込んでください。
    また、大量のデータを読み込む場合は、「サイボウズ メールワイズ」を他のユーザーが使用していない時に行ってください。

    ※ファイルの読み込み中に他ユーザーがアクセスすると、エラーが発生しアクセスできなくなります。

  • ファイルの出力は、出力結果が10,000件以内になるようにして書き出してください。

その他

  • 機種依存文字については扱うことができない場合があります。

目的別リンク

  • 資料請求
  • 販売店一覧
  • ダウンロード
  • サポート・お問い合わせ
  • セミナー
  • 価格・見積・発注
  • マニュアル