ローカルナビゲーション

製品情報トップ

「ガルーン」がより便利で使いやすく進化しました。最新版「ガルーン 3.7」の代表的な新機能と機能改善ポイントをご紹介します。

スケジュール

新たに簡易登録機能を搭載

画面遷移をすることなく、スケジュールを登録することができるようになりました。 他の人のスケジュールから簡易登録を行うと、そのメンバーと自分がスケジュールの参加者として登録されます。(施設のスケジュールから簡易登録を行う場合も同じように、その施設と自分が登録されます。)

スケジュールがより見やすくなりました

画面に重複して表示されていた情報を整理し、重要度の高い「日時・施設・参加者」の表示位置をまとめました。
また、利用頻度の低い機能を「オプション」と「レポート」のメニューにまとめることで、すっきりと使いやすい画面へと進化しました。

スケジュール閲覧画面

拡大

スケジュール登録画面

拡大

空き時間確認画面

拡大

スケジュール操作メニュー

拡大

スマートフォン

利用アプリケーションの制御

新しい「KUNAI」は利用アプリケーションを制御する機能を搭載しました。例えば「社外秘の情報が多いメッセージはKUNAIでの利用を制限したい」「ワークフローは、決裁を行う機会の多い部長級以上に利用を制限したい」など、お客様のセキュリティポリシーに合わせたスマートフォン活用が可能になります。

※アプリ制御を行うためには、「KUNAI for iPhone」「KUNAI for Android」バージョン2.1.0以降をご利用ください。

「ガルーン 3」システム管理画面

スペース、掲示板、マルチレポートがモバイルビューに対応

「スペース」「掲示板」「マルチレポート」にモバイルビューを追加しました。スマートフォンからの閲覧に最適な画面で、これまでよりも効率的に社内の最新情報をチェックできます。

右のサムネイルをクリックすると、左に拡大画像が表示されます。

スペース(モバイルビュー)

スペース(共有ToDo)

掲示板

マルチレポート

※「サイボウズ KUNAI」はサービスライセンスご契約中無償で使える iPhone/ Android 対応のアプリケーションです。

※モバイルビューは「KUNAI」からのアクセス時に表示されます。

メール

インクリメンタルサーチに対応

宛先を入力すると、候補が自動的に表示されるようになりました。文字列を入力するたびに候補を絞りこむので、アドレス帳検索の手間を省くことができます。

メールプレビュー画面の改善

プレビュー画面から直接返信や転送、削除ができるようになりました。 短いメールへの返信や、不要なメールの削除を簡単に行うことができます。

画面の見やすさを改善

利用頻度の低いメニューをまとめることで、すっきりと使いやすい画面になりました。また、メールの内容をメッセージに転送する機能も搭載しました。
これにより社外からのメールを社内に共有し、議論するというフローを強力にサポートします。

拡大

拡大

署名の挿入位置の選択

署名の位置を選択できるようになりました。個人設定より、署名の位置を引用文の前/引用文の後から選択できます。

ドラッグ&ドロップで宛先を変更

メールの宛先をドラッグ&ドロップで移動できるようになりました。"To"に入力した宛先を"Cc"に移動したり、宛先の順番を変更する操作もマウスだけでスムーズに実行できます。

HTMLメールの対応を強化

HTMLメールの対応を強化し、画面内でHTMLメールを表示できるようになりました。返信や転送でもHTMLメールに対応し、より使いやすくなりました。

メールボックスサイズの上限値設定

ユーザーが保存できるメールの総サイズを指定値で設定できるようになりました。これにより「1GBでは少ないが無制限は多すぎる」といった悩みはなくなり、ユーザーごとに必要な容量を設定することが可能になります。

TLS認証対応

新たに、TLS認証に対応しました。これにより、TLS認証が必須となる Microsoft Office 365 もメールサーバーとして活用いただくことが可能となります。

画面デザイン

画面デザインの追加

「ガルーン」の画面デザインが6種類から15種類に増えました。毎日使う「ガルーン」のデザインを、自分らしくカスタマイズできます。中でも、「パリ」「海」「くま」の3つのテーマは、アイコンデザインや背景もオリジナルのスペシャルデザインです。
また、旧バージョンを利用していた方も違和感なくご利用いただける、クラシックデザインもご用意しました。文字サイズが少し大きく、リンクの色が濃くなっているので「見やすさを優先したい」という方にもお勧めです。

サムネイルをクリックすると、拡大画像がご覧になれます。

プロフィール画像の表示

ユーザー名簿などユーザー名が一覧表示となる画面と、スペースや掲示板などのコメント欄にプロフィール画像が表示されるようになりました。お互いの顔が見えることは、コミュニケーション活性化だけでなく、社内の一体感を醸成することにもつながります。

返信機能・固定リンク機能の搭載

これまではスペースだけに搭載されていた固定リンクや返信機能がメッセージと掲示板でも使えるようになりました。

スペース

共有ToDoの締め切りをスケジュールに反映

共有ToDoがスケジュールに表示されるようになりました。遅延予定は"!"が付いて、当日のスケジュールに反映されます。タスクの抜け漏れを防ぎ、プロジェクトをさらにスムーズに進行することができます。

ディスカッションのフォロー機能

スペースに参加しているユーザーが、フォローする(更新通知を受け取る)ディスカッションを選択できるようになりました。スペースには参加しているが、自分の主業務とはことなるディスカッションのフォローを解除することで、必要な情報の見逃しを防ぐことができます。

ワークフロー

メニュー項目が経路分岐条件の対象に

「数値」「ラジオボタン」「チェックボックス」「自動計算」に加え、ご要望の多かった「メニュー」項目が経路分岐条件の対象になりました。

申請結果がわかりやすくなりました

申請経路の画面を変更し、承認結果がわかりやすくなりました。また、最終承認を赤字で目立つように変更しています。

掲示板

閲覧状況を確認できるようになりました

通知先に入っているが未確認となっているユーザーが一目でわかるので、必要な情報をもれなく伝えることができます。

電話メモ

現在の予定を一覧に表示

電話メモアプリケーションで、グループメンバーの予定が確認できるようになりました。専用ポートレットを利用すれば、ポータル画面ですぐに現在の予定が確認できるため、電話応対をよりスムーズに行うことが可能です。

ドラッグ&ドロップでファイル添付

ドラッグ&ドロップでファイルを簡単に添付できます。複数のファイルを一度に添付することも可能です。ファイル添付のできるすべてのアプリケーションに対応しています。

※本機能はHTML5で実装しており、現在は Internet Explorer 6〜9 では利用することができません。

管理機能の強化

アクセス権・通知設定を一括で反映できるようになりました

掲示板/ファイル管理のカテゴリ/フォルダのアクセス権や通知の設定情報を、子カテゴリなど他のカテゴリに、一括反映することができるようになりました。管理の手間を削減し、より効率的に運用することができます。

カテゴリ・フォルダ作成機能を強化しました

掲示板/ファイル管理のカテゴリ/フォルダを作成時に、同一画面で親カテゴリのアクセス権や通知設定の内容を反映することができるようになりました。管理の手間を削減し、より効率的に運用することができます。

ログデータのアーカイブ機能

3ヶ月以前のログデータをアーカイブすることができるようになり、より楽にアーカイブできるようになりました。 アーカイブファイルは、lsx、csv(s-jis」)、csv(utf-8)の3種類から選択可能することができます。