ローカルナビゲーション

課題解決 トップ

自治体導入事例特集

サイボウズグループウエアは、日々の情報共有はもちろん、BCP対策やIT担当者の人事異動など自治体ならではのニーズにもしっかり対応。全国自治体の情報共有基盤として活用されています。

自治体ITシステム満足度1位

サイボウズは、日経BPガバメントテクノロジー 2014年秋号 自治体ITシステム満足度調査 2014-2015 グループウエア部門において、第1位を獲得しました。信頼と実績を兼ね備えたグループウエアならサイボウズです。

調査結果について

サイボウズは、総合満足度で1位を獲得したことに加え、すべての評価項目で部門平均を上回り、総合満足度も高いものでした。

評価項目 評価 部門平均
総合満足度 70.0 62.9
@導入や初期設定の容易さ 73.3 65.8
A性能 72.8 62.5
B機能 68.2 61.1
C信頼性 73.3 66.8
Dシステム構築の容易さ 69.7 59.7
E運用管理の容易さ 74.4 63.0
F導入価格 65.6 62.0
G保守サポート料 62.6 60.3
H問い合わせへの対応 63.6 60.2
I継続意向度 71.8 64.2

「日経BPガバメントテクノロジー」 2014年秋号 掲載の表を基に自社にて作成

全国の自治体導入MAP

高評価をいただいているサイボウズグループウエアは、現在502の自治体にご利用いただいてます。

導入数の算出について
各県に記載の導入件数は、市町村・教育委員会の導入数の数字です。集計時期は「平成の大合併」と呼ばれた時期が終了した2006年以降現在にいたるまでにグループウエア製品(「サイボウズ Office」および「サイボウズ ガルーン」)をご購入いただいた数です。1つの市に複数導入いただいた場合も、1と計算しています。

自治体でのサイボウズ製品利用シーン

庁内の情報を効率的に整理するポータル活用

自分宛の更新通知と、庁内の情報を一画面に集約することができます。各課・拠点・プロジェクトなどさまざまな切り口でポータルを作成し情報発信することができるので、庁内に散在する情報も効率的に整理したり統合することができます。

「課」メール対応も安心のグループメール活用

複数のメンバーでメール対応を分担できる、共有アドレス専用のグループメーラーで、「〜部」「〜課」宛に届く共通メールアドレス宛の対応も効率化できます。メールの処理状況や、担当者も一目でわかるので二重対応・対応漏れを防ぎます。履歴をメンバー全員で共有できるため、人事異動時の引継ぎもスムーズです。

グループメールはオプション機能です。詳細はこちら

マルチデバイス対応でBCP対策や多様なワークスタイルを支援

携帯電話はもちろん、スマートフォン、携帯電話などさまざまなデバイスからグループウエアにアクセスすることができます。自宅や外出先など場所を問わず、アクセスできるため万が一の災害発生時のBCP対策にも有効です。
また、利用するアプリケーションの利用権限を変更することができるので「スケジュールは全職員に利用させたい」「ワークフローは決裁を行う機会の多い課長に利用を制限したい」など情報取扱いポリシーに合わせて安全にご利用いただけます。

BCP対策にも有効なクラウド版

サーバーマシンの購入やメンテナンスを必要としないクラウドサービスでのご利用も可能です。

  1. 安心のセキュリティを国産のサービス基盤で提供

    安全にクラウド環境をご利用いただくため、常時SSLや、IPアドレス制限、BASIC認証など強固なセキュリティ機能を標準装備。また、日本メーカーならではのきめ細かさで、毎日気持ちよく使えるクラウドサービスを基盤から設計しました。

  2. 防災管理対策

    サイボウズのクラウドサービスは堅牢な施設で24時間管理するデータセンターで運用しています。日本のデータセンターで運用し、西日本にもバックアップデータを保管しています。データセンターは自家発電装置を備え、不意の停電の際にもサービスに影響はありません。

  3. システム総コストの低減

    ハードウェアの購入などの、初期投資の費用の削減が可能です。オンプレミス(社内運用)では、定期的に対応が必要となるソフトウェアアップデートや障害対応、利用状況や利用目的に応じた機材の追加投資が不要になるため、突発的なコストの増大がなくなります。

自治体活用事例

愛媛県庁
ご利用規模 5,000ユーザー(※)
取材当時のご利用ユーザー数です。

大田区役所
ご利用規模 3,500ユーザー

高知県中西部電算協議会
ご利用規模:1,050ユーザー