Office 8を使うためには

「サイボウズ Office 8」を利用するためには、サーバーを用意し、利用者のパソコンとネットワークでつなぐ必要がございます。
また、サーバーなどの管理なしに「サイボウズ  Office 8」を利用したいお客様へは、ASPサービスもご用意しております。

自社のサーバーで利用する

自社のサーバーで「サイボウズ Office 8」を使うためには、まずサーバーを設置し、利用者のパソコンをネットワークでつなぎます。
その後、サーバーにグループウェアをインストールすることで、パソコンのWebブラウザー上から「サイボウズ Office 8」を利用できます。

サーバーなしで利用する(ASP)

ASPサービスとは、ソフトウェアとそれを動作させるサーバーなどを合わせて「レンタル」し、利用者数、利用期間に応じた利用料を支払うことでソフトウェアを利用できるサービスです。
サーバー構築や管理の手間なく、手軽に利用したいお客様には、ASP サービスが便利です。

比較表

自社のサーバーで利用する場合とASPで利用する場合の比較表です。 ここでご紹介しているのは一般的な内容のため、ご利用状況によっては異なる場合がございますのでご了承ください。

自社サーバー   ASP
自社サーバーで利用する場合、まずサーバーを用意し、「サイボウズ Office 8」ソフトウェア使用ライセンスを購入する必要がございます。 初期投資 ASPサービスを利用する場合、サーバーを用意する必要はありません。
また、ASP価格にはソフトウェア使用ライセンス料金も含まれているため、安価な初期費用で利用できます。
10ユーザー版、20ユーザー版、50ユーザー版、100ユーザー版、200ユーザー版、無制限版をご用意しております。
利用ユーザー数を追加する場合は上位のユーザー数版に変更する必要がございますが、無制限版ではユーザー数に制限なくご利用いただけます。
利用ユーザー
数の追加
最低利用人数や、ユーザー数の追加単位はASPパートナーによって異なりますが、自社サーバーで運用する場合と比較し、細かい単位でユーザー数を追加することが可能です。
一度ソフトウェア使用ライセンスを購入すれば、永続的に「サイボウズ Office 8」を利用できるためランニングコストを抑えて運用できます。
翌年度以降は、任意でご契約いただくソフトウェア保守ライセンスをご用意しております。
ランニング
コスト
ASPサービスで「サイボウズ Office 8」を利用する場合は、毎月利用料が発生いたします。
そのため、長期間「サイボウズ Office 8」を利用する場合は、自社サーバーで運用する場合と比較しランニングコストが高めになります。
バージョンアップやサーバーのメンテナンスなどはご自身で行っていただく必要がございます。 運用の手間 バージョンアップ作業はASP提供事業者が実施するため、常に最新版をご利用いただけます。
すべての機能をご利用いただけます。 利用できる機能 自動バックアップ、データの最適化など一部の機能をご利用いただけない場合がございます。
モバイル端末や自宅など外部からアクセスするためには、VPNなど外部アクセス環境を構築する必要がございます。安易に外部アクセスを実施したいお客様向けには「サイボウズ リモートサービス」をご用意しております。 外部からの
アクセス
ASPではインターネット上で「サイボウズ Office 8」を利用するため、すぐにモバイル端末からアクセスすることが可能です。
また、一部のASPパートナーでは、証明書を利用した安全性の高いアクセス環境をご用意しております。
ソフトウェア保守ライセンスをご契約中のお客様はサイボウズ テクニカルセンターをご利用いただけます。 サポート ASPパートナーにてサポートを提供しております。
サイボウズのホームページもしくはサイボウズ オフィシャルパートナーよりご購入いただけます。
サイボウズ オフィシャルパートナーから購入する場合は、サーバーの構築や設定などについてもご相談いただけるため安心です。
購入先 ASPパートナーより直接ご購入いただけます。また、料金体系は各ASPパートナーにより異なりますので詳しくはお問い合わせください。

目的別リンク

  • スマートフォンでの利用をご検討の方
  • 販売店様向け情報
  • オンラインデモ
  • 資料請求
  • 新規導入相談
  • セミナー
  • 販売店一覧
  • ダウンロード
  • 価格・見積・発注
  • マニュアル